2010年09月30日

ギャルソンがTシャツを2千円で販売! ギャルソン×AI WEIWEI

Image131.jpg
「COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)」が北京オリンピックの主会場である北京国家体育場(通称:鳥の巣)をプロデュースした中国を代表するクリエイターAI WEIWEIとコラボレーションしたTシャツを発売しています。

驚くべきはその価格です。なんと1着2千円ぽっきり。しかも入り口付近にディスプレイされたコラボTシャツは(巧妙にお洒落に展示されているものの)見ようによっては巨大なバケツに放り込まれているようです。

川久保流のファストファションに対する抵抗なのでしょうか?
素材感や形はユニクロよりは良い感じです。何よりデザインがギャルソンらしくグッドです。イラストレーターや写真家などのクリエイターとコラボしたTシャツ好きなんですよね。以前に出た「Helmut Newton(ヘルムート・ニュートン)」なんかとコラボしたやつも買いましたし。
ちなみに何でか中国製ではなくトルコ製です。

そうして私は5枚買いしました。完売商品も多いですが、恐らく10型程度に5カラー、2サイズ展開です。
ギャルソン×ai weiweiの画像はヤフオクからどうぞ

2010年09月29日

『VOGUE HOMMES JAPAN VOL.5』は豪華対談が満載



レディー・ガガの生肉ヌードが話題になっている『VOGUE HOMMES JAPAN(ヴォーグオムジャパン) VOL.5』ですが、個人的には各都市ごとのファッションデザイナー対談に注目です!

PARISはルカ・オッセンドライバーとハイダー・アッカーマン
TOKYOはジョニオと宮下貴裕、尾花大輔
NEW YORKはリチャード・チャイ、パトリック・アーヴェル、「Rag&Born(ラグ&ボーン)」のマーカス・ウェインライトとデビッド・ネヴィル
LONDONはキム・ジョーンズとジェームス・ロング、アイター・スロープ

日本のファッション誌ではまず不可能な企画。ヴォーグならではです。
どうでもいいんですけど、本誌に載っている加瀬亮、「TAKAHIRO MIYASHITA The SoloIst.(タカヒロミヤシタ・ザ・ソロイスト)」似合ってますね〜。前に衣装っぽいなんて書きましたけど、こうやって着るもんなんですね。


ラベル:Vogue
posted by korokoro at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

THE CONTEMPORARY FIXリニューアル後レポート!

con1.jpg
リニューアルした「THE CONTEMPORARY FIX(ザ・コンテンポラリー・フィックス)」に行ってきました。

1Fは「PARIYA(パリヤ)」が復活しており、まずはランチ。
ライス(大盛り無料)とメイン、サイド、サラダを1品ずつ選択するスタイル。
私が選んだのは写真にあるユーリンチー、ラタトゥイユ、コリアンナムルです。
これにドリンクバー(よくファミレスなどにあるコーラやジュース、ウーロン茶など10種類程度が入っています)とスープ(おかわり自由)がつきます。
con2.jpg
これで1000円ですから下手をすればファミレスより安いです。土地柄を考えると本当に良心的ですよね。
味は大絶賛というほどではないですが、十分に満足できるレベルです。ボリュームも相当でよほど大食いでなければ男性でもお腹いっぱいになります。

個人的には今後も利用したいと思いました。


食事の後は2Fに移ったセレクトショップ「THE CONTEMPORARY FIX(ザ・コンテンポラリー・フィックス)」を物色。2Fは部屋ごとに仕切りがあり、面白い内装です。ブランドはやはり新加入の「whiz(ウィズ)」が目立ちましたね。今シーズンはブランド立ち上げ10周年ということで過去の名作を復刻、アップデートしているのでかつての裏原ファンの方は懐かしく眺められると思います。
ちなみに「THE CONTEMPORARY FIX(ザ・コンテンポラリー・フィックス)」で見ると安く見えるという魔法の効果もあったりします。
posted by korokoro at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップを訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TMT店長逮捕

勤務先のアパレル店の売上金約9200万円を着服したとして、大阪府警は26日、大阪市西区南堀江1の「TMT大阪店」元店長、神川雅至容疑者(31)=大阪市天王寺区筆ケ崎町=を業務上横領の疑いで逮捕した。アパレル会社「ビッグホリデー」(大阪市西区)のブランド「TMT」は、タレントの木村拓哉さんが愛用しているとして若者に人気がある。神川容疑者は「横領した覚えはない」と否認しているという。

逮捕容疑は、大阪店店長だった03〜07年、店の売上金を帳簿に記載せず抜き取る手口で計約9200万円を着服した、としている。
(ニュース記事転載)

1年平均で2000万円以上抜いていた計算になるのだけれどトップは本当に気づかなかったんでしょうか?店長の個人プレーというよりは組織ぐるみと考えたほうが自然な気もするんですけど。

アパレル、とりわけ裏原を筆頭としたストリートブランドには怖い人間関係や黒い噂も絶えないですがこれだけ大きな金額がニュースとして出てくると衝撃も大きいですね。
ラベル:TMT ニュース 裏原
posted by korokoro at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

RED WINGのポストマンシューズが復刻!

ここ数年のアメカジ、アメトラブームに押され「RED WING(レッドウイング)」の「#101」通称ポストマンシューズと「#9196」チャッカブーツに注目が集まっていました。
両モデルともにちょうどアメトラブームに火がつく直前の5年ほど前にタイミング悪く廃盤になっておりヤフオクや古着屋などでプレ値がついていました。

しかしこのブームの中、復刻を望む声も多く、ついには「RED WING(レッドウイング)」のポストマンを生産していたシューズファクトリーである「Cove Shoe Company(コーヴ・シューカンパニー)」が復刻させました。「RED WING(レッドウイング)」の名こそ入らないものの実際に生産していた工場が当時のデザインそのままに復刻させたわけですから、これはほとんどそのものなわけです。
これです↓↓


しかも上記のモデルは「RED WING(レッドウイング)」から発売されたモデルより1万円ほど安く結構なお買い得品でした。ところがこのモデルも完売店が続出し復刻モデルさえも購入が困難だったわけです。

そこで今年11月いよいよ「RED WING(レッドウイング)」が両モデルを復刻させます。
それに先駆け、復刻オファーを出し続けていた「THE RUGGED MUSEUM(ラギッドミュージアム)」で現在限定発売されています。世界に先駆けての発売なのでお急ぎの方は是非です。
http://shop.rugged.jp/?mode=cate&cbid=613832&csid=0

ただ個人的には11月まで待てば並行輸入などで多少安価な価格で買えるようになるだろうと踏んでいるので正式発売を待とうと思っています。あるいは1万円ほど安い完全復刻品の「Cove Shoe Company(コーヴ・シューカンパニー)」のものを買ってしまうのもありかも?


同じく「Cove Shoe Company(コーヴ・シューカンパニー)」生産でビブラムソールを使用したこんなモデルもあります。
ラベル:Red Wing
posted by korokoro at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 靴情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。