2011年03月31日

来シーズンからジュンヤマンピンクが復活!

「COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN PINK(コムデギャルソン ジュンヤワタナベマン ピンク)」が復活するようです。メンズのコレクションラインをレディースに落とし込んだピンクはコレクションラインのジュンヤワタナベとはまた一味違いカジュアルで可愛らしくファンも多かったので期待される方も多いのではないでしょうか?
雪山期で打ち切られた打ち切られた同ラインが、当時のファブリックやテキスタイルデザインを使用した11AWから復活というのも狙ったようなタイミングで良いと思います。
普段XSを着ている男子もデザインによっては十分着られるサイズ展開がされるでしょうから、僕らにとっても朗報だと思います。

2011年03月10日

来期のジュンヤマンのコラボ先はオールデン、デュベティカ

パリコレからちょっと時間が経過しましたので、若干今更感もありますが「COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN(コムデギャルソン ジュンヤワタナベマン)」の来期のコラボ先は「Duvetica(デュベティカ)」と「ALDEN(オールデン)」みたいです。

全体的には雪山期を髣髴とさせるデザインが多用されており、昔のジュンヤが帰ってきた!と思われたファンも多いのではないでしょうか?現在では「MONCLER(モンクレール)」以外からも数多くリリースされている異素材を貼付けたダウンやゴアテックスとの先進的な取組をしたのもこのシーズン前後でしたね。

現在ではちょっとお洒落な、あるいはちょっとお金のあるハイセンスな人たちは皆MONCLERという状況の中、ノースフェイス、デュベティカへの切り替えは流石というかありがたいとという感じですね。またスタッフによればデュベティカは価格も10万円を切るらしいですからそのあたりもありがたいなぁと思います。

ただオールデンはどうですかね?これまで他ブランドに先駆けたコラボや、かつて注目されていたけれど、いまでは一部の愛好家以外は…というような(例えば「VANSON(バンソン)」)、面白い試みが多かっただけに今まさにブーム真っ只中のブランドというのは個人的に少し違和感があります。
価格的にも15万は確実に超えてきそうな予感がしますし。
そんな杞憂も吹っ飛ばす全く新しいオールデンが見れたらいいなと期待したいところですね。

ちなみに個人的にはこいつ↓
1.jpg
が気になっていますが、05AWのこれ↓を持っているので街中でかぶりそうで嫌な感じもしています。
2.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。