2012年03月28日

実質大値上げ!J.crewのオンラインショップが日本円での購入可能に

以前にこのブログで私が個人的に個人輸入をしたことも書いたJ.Crewのオンラインショッピングが日本円に対応し始めました。具体的には商品をクリックした際にドル表記ではなく、日本円表記がされるようになりました。
ところがこれ、実質大値上げです。日本円で表示される価格はドル表記の価格に現在の為替相場をかけたものよりもはるかに高い金額になっています。

例えば下の画像のJ.Crew別注レッドウイングのベックマンですが円表記だと42200円ですが、ドル表記だと320ドルです。

red.jpg


ちなみに本日今時点でのドル円相場は約83円です。通常海外の商品をカード決済しますと手数料で1ドル当たり2〜3円はとられるので1ドル=85円ほどがこの場合の適正な数字なのですが、

320*85=27200です。

ちなみに
42200÷320=133円です。

なんですか、1ドル133円って…。

それでも日本からは見ることが出来ないサイトの作り方をしているのならともかく、こちらで国の設定をいじれば本来いくらのものであるかは簡単に見えてしまうわけです。

実はJ.Crewのオンラインショップ何度か改悪されています。(あくまで日本から見た場合ですが)
まずそれまでは普通に購入することのできたALDENやREDWINGなどが国内発送以外出来なくなりました。なので先ほどのREDWINGもそもそも日本からは購入することは出来ません。ALDENに関してはラコタの圧力という噂もありますが、現在ではALDENに限らずかなりの別注商品を購入することが出来なくなっています。

続いてトップページで購入者の居住地域を選択するシステムになってから有益なクーポンがなくなりました。J.Crewの面白いところは、10日程度で使用できるクーポンが次々変わることにありました。これは別に特別な手続きを踏まなくては知ることのできないものではなくて、普通にホームページに公開されているものです。例えば「全品15%オフ」「セール品のみ更に25%オフ」「ジャケット類のみ15%オフ」といったクーポンです。この仕組み自体はJ.Crewによらず海外のECサイトにはよくあるものなのですが、このクーポンがあったためにかなりお得に買い物が出来ていたわけです。それが最近は出ないななんて思っていたら、国をアメリカに変えると普通にやっているではないですか。つまり国内以外の消費者にはクーポンを使用できないようにしたわけです。

そして第3弾が今回の実質値上げです。同じオンラインショッピングなのに1.5倍の価格差ってなんでしょうか…。

おそらくはオンラインのグローバル化そしてその先にある、日本再上陸を見越してのことだろうと思われます。というのもJ.Crewは近いうちにアジア進出する旨を語っており、ここ最近のオンラインでの対応やかつて日本にショップがあったことを考えると再び日本に上陸したした際に簡単に買い物ができる本国のオンラインショップとあまりに大きな価格差があってはまずいと考えたのだろうということがうかがえます。

当然といえば当然の措置ですし、日本再上陸自体は大歓迎ですが、この先J.Crewのオンラインショップで買い物をすることはなくなったな…というのが正直な気持ちです。

実はこの間書いた個人輸入した靴の中にもJ.Crewで購入したものが含まれていたのですが。

この価格まであがってしまうと元J.Crewのトッド・スナイダーを買った方がいいかな…という気がします。着比べた感想はやはりトッド・スナイダーの方がいいですし。(価格も違いますし、NYコレクションブランドですから一緒にしてはいけないのでしょうが)

ラベル:J.Crew 個人輸入
posted by korokoro at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

ドーバーストリートマーケット、次はニューヨークにオープン!?

先日は「DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS(ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン)」の初日のレポートを書きましたが、ファッション業界的にも銀座という街にとってもDSMの銀座オープンはビッグニュースでした。

そもそもはロンドンのドーバーストリートにあることからついた名称でしたが、現在DSMはロンドン、北京、銀座の3都市にあります。ギャルソンは日本国内にも「10 corso como COMME des GARÇONS(ディエチ コルソ コモ コム デ ギャルソン)」(DSM銀座オープンに伴い2月14日をもってクローズ)のような比較的大規模なセレクトショップを展開しておりましたが、DSMロンドンは地下1階から7階までフロアを有する日本国内で言うところの「BARNEYS NEW YORK(バーニーズニューヨーク)」クラスのショップであったわけです。(しかもDSMはビジネス向けのアイテムはどのフロアもデザイナーズブランドで占められているわけです)

こんな業態を百貨店やセレクトショップではなく、競合するはずのデザイナーズブランドが経営していること自体が考えがたいことであったわけですが、気づけば銀座で3店舗目となったわけです。

と思っていた矢先、川久保玲の夫にしてドーバーストリートマーケット社長エイドリアン(兼コム デ ギャルソンフランス社長)が来年7月にはNYにドーバーを造ると宣言したわけです。
いつかは…ということではなく期限を切っての名言ですから既に契約関係はまとまっているのではないでしょうか。

川久保玲という圧倒的なカリスマも齢を重ね、いずれ引退を迎えるであろう未来が見え始めてきていますが、企業としてのコム デ ギャルソンの勢いはまだまだ衰えないようです。

posted by korokoro at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

ギルトのセールにトムブラウンが再度登場。

これまで当ブログでも何度か紹介してきた会員制ファミリーセールサイト「GILT(ギルト)」で本日3月19日の21時より「THOM BROWNE(トム ブラウン)」のセールがスタートします。前回登場した際には40〜50%以上の割引率だったので今回も同じ程度の割引率が期待できそうです。
最近は「GILT(ギルト)」もデザイナーズブランドにもかなり手を広げているようで先日は「3.1 Phillip Lim(スリーワンフィリップリム)」や「rag & bone(ラグアンドボーン)」なども出ていましたね。いずれも高い割引率ですが、内情を少しだけ耳にしたところ要は在庫処分みたいですね。ブランド側はほとんど原価回収が目的、といったところみたいです。

前回のセールではテーラードジャケットやオックスフォードのシャツなど、トムブラウンらしいアイテムが多数発売されていたので今回も期待できそうです。興味のある方は以下のリンク先からチェックしてみてください。(ちなみに登録料や維持費など、会員になるのにお金は一切かかりません。

posted by korokoro at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | セール、特価情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

ドーバーストリートマーケット銀座オープン初日レポート

「DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS(ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン)」(以下DSM銀座)にオープン初日に行ってきました。

職場が比較的ショップに近いので前日夜の仕事終わりに様子だけ覗いてきました。

前日夜の様子。
IMG_3724.jpg

足を運んだのがちょうど夜の21時頃だったのでレセプションパーティーの終わり頃と重なり人の出入りが激しい感じでした。この時間には並びは出来ていませんでしたが、実際には数日前から並ぼうとする気配を見せる人がいたりして、警察まで出てくる騒ぎになったようです。


さて当日です。×SUPREMEのシャツが欲しかったのですが朝っぱらから並ぶのもしんどいな、ということで行列もあらかたはけ始めるかな?と予測した開店から1時間後、12時にDSM銀座に向かいました。ところが実際には行列は収まるどころかバーニーズを越えてL字型にカーブしており最後尾の警備員に聞いたところ今並んで16時ごろに入店できる感じです、ということで断念。(3時間も待てません…)


IMG_7930.jpg

いずれにせよコラボものはもう買えないだろうということで、15時半ごろもう一度来ることに決めいったん銀座を離れました。(コラボが買えないのならこれ以上は列もあまり伸びないだろうという読みもありました)

15時半ごろ着くと列はあらかたはけており15分待ち程度で入店できました。
案の定ダブルネーム商品はクロムハーツの洋服関係一部を除いて完売でした。
親しいスタッフさん曰く2000人くらい人が集まり、客側とお店側で一触即発の空気だったらしいので想像を越える戦場だったようです。

ただしダブルネームではないDSMの限定アイテムはほどんど残っていましたね。ヴィトンも含めほとんどすべてのブランドが限定アイテムをリリースしていたのですが、ラックに紛れ込んでおりスタッフに聞かないとどれが限定なんだかわからないという状況でした。限定アイテムだけ集めたコーナーとか作ったら結構売れていたような気もしますね。
限定アイテムで一番の驚きはポール・ハーデンのソファーで300万円でした。


全体的な構成に関しましては色々な方がいろいろなところで書いているので細かいことは省きますが、セリーヌとイブサンローランとSUPREMEとGANRYUが同じフロアにあったりしてカオスな感じです。
また当初取扱店が近くにあることでコルソには置いてあったMARNIが置けなくなるという話でしたが普通においてありました。元コルソのなじみのスタッフに聞いてみると、「プロパー品は置けなくなった代わりに全部別注品なんです!!」ということでした。何気にこれが一番すごいのでは…。

あとは全体的にギャルソンのコーナーが小さめですね、中でも気になったのがジュンヤですね。実質的には基幹店だった「10 corso como COMME des GARÇONS(ディエチ コルソ コモ コム デ ギャルソン)」がなくなり青山の本店とDSM銀座に置くという話だったのですが、DSMはパルコや伊勢丹メンズ館より狭かったのでギャルソンの中でも主力ブランドであるジュンヤマンをどう見せるのかが本店リニューアルまで気にかかることです。

個人的なところではSACAIの限定アイテムのコーチジャケット風のシャツを購入しました。



×SUPREMEは案の定とんでもない値段になっているようですね。



posted by korokoro at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップを訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

MARNI at H&M レポート

3月10日に発売されあっという間に完売となったMARNI at H&Mの発売初日に行ってきました。

ということでレポを。

かなり話題になった「LANVIN(ランバン)」や「COMME des GARCONS(コムデギャルソン)」とのコラボも特定のアイテム・サイズだけなら、なんだかんだ1週間後くらいまでは残っていたので、今回のマルニも、というよりランバンやギャルソンよりは明らかに人気のないだろうマルニなら一部のアイテムやゴールデンサイズはともかくとして初日の夕方までくらいまでに行けば、まあそれなりに見れるだろう、とタカをくくっていたわけです。

そんなわけで知人と渋谷に14時に待ち合わせてH&M渋谷店に向かう予定を立てたのですが、昼ごろツイッターで「MARNI」と検索してみると渋谷店ではすでにほぼ完売のアナウンスが流れているとのこと…。
とは言え実際に見てみないと、と思い一応向かったところアナウンス通り店内には何もなし、ディスプレイすらなし、スタッフに聞いても「何もなし」とのことでした。

日本でマルニってそんなに人気ありましたっけ…。青山の本店に行ってもいつもそんなに人を見ないのですが…。

あきらめて帰ろうかな…と思った矢先、一人のおば様がキープしていたジャケットをラックにかけました。一緒に行った女性の友人がとりあえずキープするとサイズが大きいこと。ただ思ったよりも質はいいかな?という印象。ますます惜しいなぁなんて思っているとメンズのアイテムを数点抱えた女性がこれ戻しちゃうんでよければとキープしていたシャツを手渡してくれました。

改めて店内を見渡すとラックにはかかっていないのもの比較的早い時間に来たと思われる方々が結構な量のアイテムを抱えて店内をウロウロとしているではないですか。ラックに戻して誰かに取られるのもなんかしゃく、あるいはサイズの合わないアイテムでも持っていれば誰かとトレードがきくかもしれない…といった感じでそれぞれ鏡の前で合わないサイズのジャケットやらワンピースを何とかならないかな、という面持で合わせてみていたり、あてもなくふらふらしています。

「なるほど、これはもしや」と思って声をかけてみると購入する気のないアイテムは声をかければ皆さん案外くれるではないですか、逆にこちらも声をかけられたりして人に渡したりなんかもしました。

そんなこんなで私も連れも数点のアイテムを無事ゲットすることが出来ました。14時に来て買えたのだからまあラッキーでしょう。欲しかったシャツも買えましたし。

アイテム自体の感想は正直しんどいな、と思ったギャルソンやランバンのものと比べると質が良く、デザイン自体もマルニらしいものでコラボものとしては結構なクウォリティーだったと思います。
しかし繰り返すのも失礼ですがマルニって日本でそんなに人気あったかしら…。

IMG_3420.jpg
タグが本物のマルニと同一の生地を使用しているのが何となく嬉しかったです。
メンズよりもレディースはそのものでしたね。


いつものごとですがプレミアがついているようですね。
メンズのシャツで2〜3倍程度


レディースのワンピースもやっぱり倍くらいですかね。
ラベル:MARNI H&M
posted by korokoro at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップを訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。