2012年03月11日

MARNI at H&M レポート

3月10日に発売されあっという間に完売となったMARNI at H&Mの発売初日に行ってきました。

ということでレポを。

かなり話題になった「LANVIN(ランバン)」や「COMME des GARCONS(コムデギャルソン)」とのコラボも特定のアイテム・サイズだけなら、なんだかんだ1週間後くらいまでは残っていたので、今回のマルニも、というよりランバンやギャルソンよりは明らかに人気のないだろうマルニなら一部のアイテムやゴールデンサイズはともかくとして初日の夕方までくらいまでに行けば、まあそれなりに見れるだろう、とタカをくくっていたわけです。

そんなわけで知人と渋谷に14時に待ち合わせてH&M渋谷店に向かう予定を立てたのですが、昼ごろツイッターで「MARNI」と検索してみると渋谷店ではすでにほぼ完売のアナウンスが流れているとのこと…。
とは言え実際に見てみないと、と思い一応向かったところアナウンス通り店内には何もなし、ディスプレイすらなし、スタッフに聞いても「何もなし」とのことでした。

日本でマルニってそんなに人気ありましたっけ…。青山の本店に行ってもいつもそんなに人を見ないのですが…。

あきらめて帰ろうかな…と思った矢先、一人のおば様がキープしていたジャケットをラックにかけました。一緒に行った女性の友人がとりあえずキープするとサイズが大きいこと。ただ思ったよりも質はいいかな?という印象。ますます惜しいなぁなんて思っているとメンズのアイテムを数点抱えた女性がこれ戻しちゃうんでよければとキープしていたシャツを手渡してくれました。

改めて店内を見渡すとラックにはかかっていないのもの比較的早い時間に来たと思われる方々が結構な量のアイテムを抱えて店内をウロウロとしているではないですか。ラックに戻して誰かに取られるのもなんかしゃく、あるいはサイズの合わないアイテムでも持っていれば誰かとトレードがきくかもしれない…といった感じでそれぞれ鏡の前で合わないサイズのジャケットやらワンピースを何とかならないかな、という面持で合わせてみていたり、あてもなくふらふらしています。

「なるほど、これはもしや」と思って声をかけてみると購入する気のないアイテムは声をかければ皆さん案外くれるではないですか、逆にこちらも声をかけられたりして人に渡したりなんかもしました。

そんなこんなで私も連れも数点のアイテムを無事ゲットすることが出来ました。14時に来て買えたのだからまあラッキーでしょう。欲しかったシャツも買えましたし。

アイテム自体の感想は正直しんどいな、と思ったギャルソンやランバンのものと比べると質が良く、デザイン自体もマルニらしいものでコラボものとしては結構なクウォリティーだったと思います。
しかし繰り返すのも失礼ですがマルニって日本でそんなに人気あったかしら…。

IMG_3420.jpg
タグが本物のマルニと同一の生地を使用しているのが何となく嬉しかったです。
メンズよりもレディースはそのものでしたね。


いつものごとですがプレミアがついているようですね。
メンズのシャツで2〜3倍程度


レディースのワンピースもやっぱり倍くらいですかね。
ラベル:MARNI H&M
posted by korokoro at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップを訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。