2013年11月16日

ISABEL MARANT POUR H&M レポート

hmi1.jpg

11月14日に発売されあっという間に完売となったISABEL MARANT POUR H&Mの発売初日に行ってきました。

H&Mのデザイナーコラボは毎回凄い行列で当日の発売から2〜3時間で完売することは以前に参加した[MARNI(マルニ)」コラボの際にも体験済みでしたので今回もしっかりと見ることは諦めて開店少し後くらいに来店し雰囲気を味わいつつもお目当てのものが残っていたらラッキーくらいのつもりで参戦しました。

向かったのは銀座店です。
事前に新宿店が圧倒的な在庫量という話は聞いていたのですが、混戦も予想されるので今回は新宿は避け銀座へ。朝一番Twitterで検索をかけると朝7時の段階で新宿が140人の並び、銀座、渋谷が70人の並びでその方たちに整理券(リストバンドが配布された)とのことでした。案の定選んで買うには最低でも始発からは並ばないと買えないようです。それでもマルニやマルジェラの時と比べると並びの人数は少なめでもしかしたら…という希望が沸きました。

銀座店に着いたのは11時。

その時点でこんな感じ…。
hmi2.jpg

200番代前半の整理券でしたが並んでいるそばから「既に7割のアイテムが売れてしまっております。このまま並んでいただいても購入いただけない可能性があることご了承下さい」のアナウンス。それも徐々に減って
「既に8割の〜」
「既に9割の〜」
「現在ラックにかかっているのは数着のみです。〜」
入店する頃にはこんな感じでした。

ただ実際に中に入ってみると試着用に大量に在庫を抱えたお客さんだらけでそれの戻りが結構あったりしました。自分達も試着が終わった後もしぶとく残っていると戻しの商品で思わぬ人気アイテムに出会えたりして…。この辺はマルニと同じでしたね。
今回顕著だったのは最初で最後になるのでは?といわれた「ISABEL MARANT(イザベル マラン)」のメンズは結構な注目が集まっていたようで男性客の方が大量に購入している印象でした。逆にレディースは最近コラボしたブランドと比較すると知名度が劣るためか若干購入しやすそうな印象でした。並びや試着の待ちなどでなんだかんだ14時頃までいましたがその時間でも何かしらはまだ残っている、という状況ではありました。(本当に数着でしたが…)

何気に購入者のショッパーとして配られたこのトートバッグがかなり可愛かったように思えます。



やっぱりプレミアはついて倍くらいの価格になっているようですね。
ラベル:H&M ISABEL MARANT
posted by korokoro at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップを訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。