2013年12月12日

Paul Harndenが2014SSからは更に値上げ…。

昨シーズンまでジャケット類が約17万円で販売されていた「Paul Harnden(ポールハーデン)」ですが、今季より円安による値上げということで20万円になりました。
これに衝撃を受けた方は多かったようで、特に記事にはしていなかったのですが当ブログへも「ポールハーデン 値上げ」といったワードでたどり着いた方がそこそこの人数いらっしゃいました。

そんなポールハーデンですが来季より更に値上がりすることが決定したようです。
軒並み20万円まで値上げされたジャケット類ですが、2014SSからは更に数万円値上がりするそうです。大体22〜24万円というところでしょうか…。

元々良い服ではあるものの流石に高過ぎるのでは…という価格設定であっただけに率直なところこれ以上値上げが進むといくならなんでも品質とのバランス乖離がひどくなり過ぎるような気がします。しかも円高になった時には値下げをすることもなかったのに、円安になったからといって10〜20%も値上げするはいかがなものかと。

この手のアルチザン系ブランドは職人の心意気やアーティストの作品を買うような部分もあるので、仕方のない所もあるとは思いますが、一体どの程度理解が得られるのかは微妙なところでしょうね。



中古市場の値上がりもありそうなので10万円ほどで購入できる下のようなショップで程度の良いものを今の内買っておくのもひとつの手かな?と思います。
ラベル:Paul Harnden

2013年12月06日

MIDWESTにて MIDWEST MARKET サンプルセール開催

「MIDWEST(ミッドウエスト)」で半期に1度行われているMIDWEST MARKET サンプルセールが開催されるようです。期間は12/6(金)〜12/10(火)の6日間。オフ率は40〜70%オフのようです。
気になるラインナップですが「LANVIN(ランバン)」「SACAI(サカイ)」「CARVEN(カルヴェン)」「THOM BROWNE(トムブラウン)」などなどかなり豪華なようです。まだセールには少し早いこの時期にお得な価格で即戦力のコートをゲットするチャンスです。

2013年11月03日

マルジェラ×グローブ・トロッターのトラベルケースが発売!!

mgt.jpg

 「Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)」が「GLOBE-TROTTER(グローブ・トロッター)」とコラボレーションしたトラベルケースを来年3月よりリリースするそうです。

1920〜50年代のアーカイブのトランクから着想を得て、旅した痕跡をプリントしたデザインになっています。転写を得意とするマルジェラらしいアプローチですし、何よりデザインが最高にカッコいいです!ただし価格は21インチのトローリー・ケースで30万4500円、30インチのエクストラ・ディープスーツケースで37万8000円とかなり高額です。普通にトロッターを購入して使い込もうかな…と言う気持ちにもなる価格設定…。

12月11日から伊勢丹新宿店の「L'ESPACE Maison Martin Margiela(レスパス メゾン マルタン マルジェラ)」で先行販売するそうなのでまずはそこで見るだけでも見ておいても良いかも知れません。





2013年10月31日

「UT」のクリエイティブ・ディレクターにNIGOが就任

「UT」のクリエイティブ・ディレクターに元、「A BATHING APE (R)(ア ベイシング エイプ (R))」NIGOが就任するそうです。
エイプを売却後、自身の資本は投下せずディレクションに専念したいといった趣旨のことをWWDに語っていましたが、その本格的な第1弾というところでしょうか。NIGOの人脈でサブカルよりのデザイナーを呼び込めれば面白い試みでしょうが、エイプから離れ、そのエイプ自体も国内ではさほど大きな影響力を持たなくなってきた今、どんなチャレンジをしてくれるか楽しみではあります。

今思い返すと、初期の頃のUTはテリー・リチャードソンのTシャツなんかも原宿限定で出したりしていて結構楽しかったな、なんて思います。

ラベル:NIGO uniqlo

2013年10月12日

rag & bone New York × 伊勢丹が開催中

rag & boneが10月8日〜10月15日まで新宿伊勢丹にてポップアップショップを展開しています。
ここだけの限定アイテムや先行発売アイテムなどもありますのでファンの方は要チェックです!

コラボアイテムはポーターのリュック、ハンターのブーツといったファッション小物からSmythsonのノートやKings Countryのウィスキーなどかなり幅広く展開している模様。こういったイベントとしてはかなり力の入ったラインナップ、見え方をしておりますので熱心なファンでなくとも近くに立ち寄った際には一見の価値ありです。
ラベル:rag&bone 伊勢丹
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。