2013年09月22日

GAP×GQコラボが今年も展開!

まずは昨年9月に展開されたGAP×GQのおさらい。

アメリカの新進メンズウェアデザイナーをサポートし、世の中にその存在を広めることを目的としたアメリカ版『GQ』の「ベスト・ニュー・メンズウェアデザイナー・イン・アメリカ」プロジェクトから両者のコラボレーションが実現しました。
昨年のコラボブランドはBLK DNM、Ian Velardi、Mark McNairy New Amsterdam、Ovadia & Sons、Saturdays、Todd Snyderの6ブランドでした。
正直デザイン、モノ共にかなり良かったです。私自身も随分買い込みました。特に「Mark McNairy(マークマクネイリー)」の迷彩ウールカーゴパンツはカジュアル雰囲気ながらシルエットはかなりスマートで昨年購入したパンツの中でもかなりのお気に入りです。

今年のコラボレーション相手は既に発表されており、Aviator Nation、Bespoken、Baldwin、Ernest Alexanderの4名です。正直昨年と比較すると「Mark McNairy(マークマクネイリー)」、「Saturdays(サタデーズ)」、「Todd Snyder(トッドスナイダー)」と言った若手と言いつつも既に名前も知れた豪華なデザイナーが少なくなった印象ではありますが、昨年のアイテムの出来栄えを見ること今年も期待できそうです。

以下のサイト(GQ)で商品の一部を見ることもできます。
http://www.gq.com/style/profiles/201309/gq-best-new-menswear-designers-gap-collection-2013#slide=5

昨年一番人気だったSaturdaysとのコラアイテム

2013年09月19日

GILTにコーチ×クリンクが登場

18日(火)より会員制ファミリーセールサイト「GILT(ギルト)」に「COACH(コーチ)」が登場しています。コーチはこれまで何度も登場してきましたが今回の注目したのはブルックリンのグラフィックアーティスト「Krink(クリンク)」とのコラボレーションモデルが発売されていることです。




興味おありの方は是非です!ちなみに直営では完売し、今回ギルトにも出品されていないウォレットなどが一部楽天の並行輸入店で発売されています。こちらも興味が合えばお奨めです。

posted by korokoro at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | セール、特価情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

FNOに行ってきました。

9月7日(土)の開催された「FASHION'S NIGHT OUT(ファッションズ・ナイト・アウト)」(以下FNO)に参加してきました。昨年まで仕事で行けなかったので、今年が初参加だったのですが中々楽しいイベントでした。

今更ながらざっくりとイベントの説明を。
FNOは『プラダを着た悪魔』の悪魔的編集長のモデルとなったアメリカ版VOGUE編集長アナ・ウィンターの呼びかけ で2009年に始まったグローバル・ファッション・イベント。ファッション業界の支援と景気 回復のきっかけを作るという目的のもと、世界中のVOGUE主催で行われています。

日本では神宮前、表参道、青山をイベント地域として、参加ショップは22〜23時まで営業、ノベルティーの配布、飲食の提供など行います。

実際にほとんどのショップでシャンパンが配られていたため数件まわれば良い感じに酔えます。また当日まで公表されないノベルティーが毎回話題で「COMME des GARCONS(コムデギャルソン)」などではイベントスタートの6時に大挙して人が押し寄せます。

「CHROME HEARTS(クロムハーツ)」もそういった人気ショップの1つで下の写真のように18時には店舗前に人が溢れていました。今年は花の種が入ったトートバッグが配られた他、ブランドロゴ入りのペットボトル、シャンパン、軽食が振舞われました。飲食の豪華さはこの日No,1でかなり楽しめました。

ch.jpg

他にも「MONCLER(モンクレール)」にはこんな熊がいたり。

monc.jpg


「beautiful people(ビューティフルピープル)」では縁日さながら、下の写真のビニールに綿アメを詰めて配っていたりしました。

be.jpg


中々楽しいイベントなので、まだ参加されたことがない方はプラッと遊びにって見ると中々楽しいではないか?と思います。

ちなみに昨年のクロムハーツのノベルティーはこんなとんでもないプレミア価格になっているようです。
(今年のはそうでもないみたいですが…)


posted by korokoro at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

VIA BUS STOPのメンズファミリーセールに行って来ました

8月中旬ごろに例年通りのファミリーセールが行われたVIA BUS STOP(以下ヴィアバス)ですが、今年はその後にメンズ限定のファミリーセールが行われました。

viabus.jpg

御殿場プレミアムアウトレット内にあったヴィアバス唯一のアウトレット店が撤退したため行われたセールのようでした。レディースは通常のファミリーセールでもこれでもか!というほどの在庫があったためか単独のフィナルセールは行われず、この試みはメンズだけで行われたようです。

通常のファミリーセールではスカスカだった在庫ですが、今回は中々の充実ぶりでした。中でも「CARVE
(カルヴェン)」「UMIT BENAN(ウミットベナン」「KRIS VAN ASSCHE(クリス ヴァン アッシュ)」などは中々の充実振りで価格も60~70%オフの大特価でした。他にもシューズは全品70%オフなど、正にファイナルセール、といった価格でした。

招待者限定ではあるものの招待状が手元に届いた方は次回以降是非です!




2012年04月12日

コム デ ギャルソン青山店がリニューアルオープン!!

先日は「DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS(ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン)」がオープンしたばかりですが、4月7日ついに「COMME des GARCONS(コムデギャルソン )」青山本店もリニューアルいたしました。

前日までの様子…cdgb.jpg

店舗は囲いに覆われており、何も見えない状態でした。

ブルーのドットはどうなるんだろう…、ブランドが増えるけどあの迷路のような内装はどうなるんだろう…。という思いを抱えつつオープンしてみると

cdg.jpg

ブルーのドットはなくなり全面ガラス張りの開放感のある雰囲気に変わりました。

店内自体はスタッフのバックヤードを取り払い幾分広くなったようです。

ただ以前よりもさらにカオスな内装になっており、相変わらず一瞬自分がどこにいるのか見失いそうになります。

コルソがなくなり実質上の旗艦店がなくなったCOMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN(コムデギャルソン ジュンヤワタナベマン)」がどの程度の売り場面積になるのかが非常に気になっていましたがDSMと変わらない広さで何とも物足りない印象でした。

そんな中一際存在感を放っていたのが「Paul Harnden(ポールハーデン)」です。
コム デ ギャルソン本店にあってギャルソンの服と同等程度のスペースを、もしかしたらそれ以上のスペースを確保していました。
川久保怜のポールハーデンへの強い愛情を感じるとともに、なぜ…ギャルソンのひとつひとつのスペースがこんなに小さいのに(ジュンヤマン以外のラインもブランドが増えたことで従来よりスペースが狭まりました。)あえてほかのブランドを大きく取り上げるのだろうか、という疑問が残りました。

スタッフさんの丁寧だけど砕けた感覚も、ジュンヤマンの旗艦店としても、セレクトの雑食感も、サイズ感もコルソが良かったな、今更ながらに思います。


posted by korokoro at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップを訪ねて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。